スポーツ

空手の喜友名が決勝、植草3決へ 上海でのプレミアリーグ

 男子形で決勝に進んだ喜友名諒=上海(共同)

 【上海共同】空手のプレミアリーグ第4戦第2日は8日、上海で行われ、男子形で世界選手権3連覇中の喜友名諒(劉衛流龍鳳会)が決勝に進んだ。新馬場一世(西濃運輸)本一将(AGP)阿部倖地(埼玉・慶応志木高)は3位決定戦に回った。

 女子組手は68キロ超級で2016年世界女王の植草歩(JAL)と61キロ級の染谷真有美(茨城県職)がともに準決勝で敗れ、3位決定戦に回った。同級の森口彩美(AGP)は敗者復活戦を勝ち上がり、染谷との3位決定戦に進んだ。

 プレミアリーグは2020年東京五輪出場のためのポイント対象大会。各種目の決勝と3位決定戦は大会最終日の9日に実施。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス