経済

G20、米中摩擦に危機感 福岡で財務相会議開幕

 福岡市で開幕したG20財務相・中央銀行総裁会議=8日午後(代表撮影)

 日米欧と新興国の20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議が8日、福岡市で開幕した。初日は世界景気の下振れリスクを共有し、懸案である米中貿易摩擦の激化に危機感を抱く声が続出。議長の麻生太郎財務相は政策協調を呼び掛けた。またインフラ投資を巡る中国の貸し込み抑制を念頭に、途上国の債務(借金)を返済可能な水準にする透明性向上策で一致した。

 9日には巨大IT企業の税逃れを防ぐ「デジタル課税」について2020年の合意を目指す作業計画を承認し、共同声明も採択して閉幕する。議長の麻生氏と黒田東彦日銀総裁は、今月末のG20首脳会議での連携を切り開く任務を背負う。


(共同通信)