スポーツ

ボルダリング、楢崎智が総合優勝 W杯最終戦、16年以来2度目

 総合優勝を決め、表彰台で喜ぶ楢崎智亜(中央)。右は3位の緒方良行=米コロラド州ベイル(共同)

 【ベイル(米コロラド州)共同】スポーツクライミングのワールドカップ(W杯)ボルダリングは8日、米コロラド州ベイルで今季最終の第6戦が行われ、6人による決勝で男子は楢崎智亜(TEAM au)が2位に入り、2016年以来2度目のシーズン総合優勝を果たした。緒方良行(神奈川大)がW杯初勝利を挙げ、総合3位。

 女子決勝は野口啓代(TEAM au)が2位に入り、野中生萌(XFLAG)が4位、中村真緒(青学大)は6位。総合優勝を決めていたヤンヤ・ガルンブレト(スロベニア)が全6戦を制する快挙を達成した。野口が総合2位に入った。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス