スポーツ

競歩、岡田久美子が日本新 20キロ、男子は山西利和が優勝

 岡田久美子

 陸上競歩の国際競技会が8日、スペインのラコルニャで行われ、女子20キロで世界選手権(9~10月・ドーハ)代表に決まっている27歳の岡田久美子(ビックカメラ)が1時間27分41秒の日本新記録で6位に入った。従来の記録は渕瀬真寿美(建装工業)が2009年に出した1時間28分3秒で、10年ぶりに更新した。

 男子20キロは世界選手権代表の山西利和(愛知製鋼)が1時間17分41秒で優勝。世界記録保持者の鈴木雄介が13秒差で3位となり、高橋英輝(ともに富士通)は9位だった。(共同)


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス