スポーツ

米シニアゴルフでマキャロン優勝 米山7位、伊沢21位

 最終ラウンド、通算13アンダーで優勝したスコット・マキャロン=成田GC

 米シニアゴルフのチャンピオンズツアー、マスターカード・ジャパン選手権は9日、千葉県の成田GC(パー72)で最終ラウンドが行われ、スコット・マキャロン(米国)が67で回り、通算13アンダーの203で逃げ切った。今季3勝目で通算11勝。賞金40万ドル(約4320万円)を獲得した。

 カーク・トリプレット(米国)らが3打差の2位。13位で出た米山剛は68と伸ばし、通算7アンダーで7位となった。7位スタートの伊沢利光は74と崩れて3アンダーの21位。プロ野球や米大リーグで投手として活躍した長谷川滋利は73で回り、11オーバーで68人中66位だった。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス