スポーツ

女子800mは塩見綾乃Vで2冠 日本学生個人陸上、男子は源裕貴

 女子800メートル決勝 2分6秒87で優勝した塩見綾乃(手前)=ShonanBMWスタジアム平塚

 陸上の日本学生個人選手権最終日は9日、神奈川県のShonanBMWスタジアム平塚で行われ、女子800メートルは塩見綾乃(立命大)が2分6秒87で制し、第2日の400メートルとの2冠を達成した。男子800メートルは源裕貴(環太平洋大)が1分52秒87で勝った。

 200メートルの男子は根本万大(順大)が21秒16、女子は宮園彩恵(国士舘大)が23秒89で優勝。3000メートル障害の男子(タイムレース)は鈴木天大(東京国際大)が8分56秒75、女子は西山未奈美(松山大)が10分16秒89で制した。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス