経済

仏閣僚、日産連合強化望む 出資見直しは「長期の話」

 記者会見するフランスのルメール経済・財務相=9日午後、福岡市内のホテル

 訪日中のフランスのルメール経済・財務相が9日、福岡市で記者会見し、日産自動車とフランス自動車大手ルノーの企業連合について「関係を維持するだけでなく強化したい」と語った。フランス政府のルノーへの出資比率引き下げに関しては「ずいぶん長期的な話だ」と述べるにとどめた。滞在中に日産の西川広人社長と会談するかとの質問には「私の役目ではない」と否定した。

 ルメール氏は自動車産業の強化を通じて自国の雇用を守ることが重要とのフランス政府の立場を強調。そのために日産とルノーの連合強化が役立つとしたが、具体的な方策は「経営陣が決めることだ」と企業間協議に委ねる考えを示した。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス