政治

堺市長に大阪維新永藤氏 「反都構想」元市議破る

 堺市長選で初当選を決め、気勢を上げる大阪維新の会新人の永藤英機氏(中央)=9日夜、堺市

 政治資金問題での前市長辞職に伴う堺市長選は9日投開票の結果、大阪維新の会新人の元大阪府議永藤英機氏(42)が、「反大阪都構想」を掲げた無所属新人の元市議野村友昭氏(45)ら2人を破り初当選した。維新は大阪ダブル選や衆院大阪12区補欠選挙に続く勝利で、夏の参院選へ弾みをつけた。今後、都構想の堺市への拡大論が加速する可能性もある。

 投票率は40・83%で前回を3・48ポイント下回った。

 過去2回の市長選では、大阪維新候補が反都構想を掲げた竹山修身前市長に敗れた。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス