芸能・文化

作家の田辺聖子さんが死去 「感傷旅行」「ひねくれ一茶」

 死去した田辺聖子さん

 芥川賞受賞作「感傷旅行(センチメンタル・ジャーニイ)」や「ひねくれ一茶」をはじめ、人生や男女関係の機微を軽妙な筆致でつづったユーモア小説などで知られる作家で、文化勲章受章者の田辺聖子(たなべ・せいこ)さんが6日午後1時28分、胆管炎のため神戸市内の病院で死去した。91歳。大阪市出身。葬儀・告別式は近親者で行った。喪主は弟聡(あきら)氏。後日、東京と大阪でお別れの会を開く予定。

 樟蔭女子専門学校(現大阪樟蔭女子大)卒業後、会社勤務などの傍ら小説を同人誌に発表。1957年に「花狩」が懸賞小説で佳作となり本格的な創作活動に入った。64年に「感傷旅行」で芥川賞。


(共同通信)