国際

米、北極圏で中ロに対抗 国防総省が新戦略

 米国防総省=2011年(AP=共同)

 【ワシントン共同】米国防総省は北極圏に関する新たな戦略文書を公表した。トランプ米政権は影響力拡大を狙う中国、ロシアに対抗するため米軍の作戦能力の向上や同盟・友好国との連携による抑止力強化を急ぐ方針。米中ロの主導権争いが激化する恐れがある。

 6日付で公表された北極圏戦略は、この地域の現状について「米国の安全保障上の利益に悪影響を及ぼしかねない」と明記。ロシアによる北極圏を対象にした軍司令部創設や軍事基地建設など軍事的影響力の拡大を指摘した。

 中国については巨大経済圏構想「一帯一路」の一環として北極圏開発を位置付けたことや北極海への潜水艦配備の可能性に言及。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス