経済

ルノー、議決棄権と日産に書簡 株主総会、指名委設置に障壁

 ルノー(左)と、日産自動車のロゴマーク

 日産自動車は10日、ガバナンス(企業統治)強化に向け指名委員会等設置会社へ移行するため25日開催予定の株主総会で諮る定款変更の議決に関し、企業連合を組むフランス大手ルノーから棄権するとの書簡が届いたと明らかにした。定款変更は株主の3分の2以上の賛成が必要で、議決権の4割強を持つルノーの賛同が得られなければ否決の公算が大きく、日産の統治改革に障壁となる。

 一方、ロイター通信は10日、欧米大手フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)とルノーが経営統合協議の再開を模索していると報じた。日産を巻き込んだ有力企業間の駆け引きが激しくなってきた。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • ご案内