スポーツ

飛び込み、寺内健が回復アピール 世界選手権へ練習公開

 練習前に撮影に応じる寺内健=兵庫県宝塚市

 飛び込み男子の世界選手権(7月・韓国)代表で38歳の寺内健(ミキハウス)が10日、兵庫県宝塚市のJSS宝塚で練習を公開した。2月の大会後、膝や肩を相次いで痛めてリハビリが中心だったが、今月に入ってから水中に飛び込む本格的な練習を再開。「始まったばかりだが(ブランクは)何とも思っていない」と順調な回復をアピールした。

 寺内が出場する3メートル板飛び込みは12位以内、坂井丞(ミキハウス)と組んで出場するシンクロ板飛び込みは8位以内に入れば五輪代表に決まる。自身6度目の五輪へ向け「自信はある。先陣を切って代表入りを決めたい」と意気込んだ。


(共同通信)