国際

カザフ大統領選、現職が勝利 トカエフ氏

 9日、ヌルスルタンで、投票所に現れたトカエフ氏(タス=共同)

 【ヌルスルタン共同】カザフスタン中央選管は10日、大統領選で現職のトカエフ氏(66)が70・76%を得票し、勝利したとの暫定開票結果を発表した。トカエフ氏は「国民が示してくれた信頼に感謝」とネット上で表明し、勝利宣言した。だが勝利集会などは開かず、最高実力者のナザルバエフ前大統領(78)に配慮しているとの観測も出ている。

 トカエフ氏はナザルバエフ氏の全面支援で当選したが、ナザルバエフ氏の最終的な狙いは長女ダリガ・ナザルバエワ上院議長の大統領就任との見方が広がっている。9日の反政権集会では、父から娘へと権力を引き渡す筋書きに反対を訴える市民らが拘束された。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス