政治

公明、居眠りした防衛局職員批判 山口代表「緊張感がない」

 公明党の山口那津男代表は11日の記者会見で、地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」配備を巡る住民説明会で居眠りしていた東北防衛局職員を批判した。「緊張感がない。到底、国民の信頼を得られない」と述べた。その上で「政府は、丁寧に説明する姿勢を徹底してもらいたい」と求めた。

 配備候補地の演習場を「適地」とした防衛省調査に誤りが見つかった問題に関しても「あまりに用意が不十分だ。反省してほしい」と語った。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス