政治

立憲民主、女性・女系天皇を容認 宮家創設も、議論必至

 上皇ご夫妻、天皇ご一家、秋篠宮ご一家=2018年12月、皇居・御所(宮内庁提供)

 立憲民主党は11日、安定的な皇位継承を確保するための論点整理を発表した。女性天皇、父方に天皇がいない女系天皇、女性宮家創設のいずれも容認する。皇位継承順は男女の別にかかわらず、天皇直系長子を優先する。国民民主党も同日、女性天皇容認案を発表。共産党は既に女性・女系天皇を認める見解を発表している。安倍政権は反対の立場を堅持しており、今後、議論が激化するのは必至とみられる。

 立民の論点整理は「男系男子」に限っている現行制度では「皇位継承者の先細りは避けられない」と指摘。「男系に固執するあまり、皇統そのものを途絶させることは甘受できない」として見直しを提起した。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス