経済

大手企業の夏賞与、2年ぶり減少 経団連集計、ベア優先目立つ

 経団連が11日発表した大手企業の夏の賞与・一時金の第1回集計によると、組合員の平均妥結額は昨年夏比2・52%減の97万1777円となり、2年ぶりに減少した。基本給を底上げするベースアップ(ベア)の獲得を優先し、賞与の要求を抑える労働組合が目立った。

 経団連は「賃金引き上げの勢いは続いている」と分析。米中貿易摩擦の激化などで業績の先行きが不透明なことも、慎重な要求につながった可能性があるという。

 製造業の妥結額は2・29%減の94万2306円、非製造業は3・31%減の134万275円。業種別では15業種のうち、自動車や建設など11業種がマイナスだった。


(共同通信)