政治

防衛省調査に批判相次ぐ、自民党 地上イージス巡り

 自民党は11日、国防部会・安全保障調査会の合同会合を党本部で開き、地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」配備計画を巡る防衛省調査に誤りが見つかった問題を議論した。参加者からは「緊張感が足りない」「地元の思いを分かった上で対応してほしい」など同省の不手際への批判が相次いだ。

 ミスがあったのは、防衛省が配備候補地の一つとする陸上自衛隊新屋演習場(秋田市)に関する調査。縮尺が異なる地図のデータを使用していたのが原因だった。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • ご案内