政治

菅氏、老後報告書受け取りを拒否 批判噴出、参院選へ影響回避

 記者会見する菅官房長官=11日午後、首相官邸

 菅義偉官房長官は11日の記者会見で、95歳まで生きるには夫婦で2千万円の蓄えが必要だと試算した金融庁金融審議会報告書の受け取りを拒否する考えを表明した。「政府として正式な報告書としては受け取らない」と強調。金融審の決定手続きも終わっていないとして「あくまで議論の過程段階のものだ」と説明した。夏の政治決戦となる参院選への影響を回避するため「政府の立場を丁寧に説明し、理解を求めていきたい」と述べた。

 報告書を巡り、与党内では政治決戦となる参院選への逆風になりかねないとの批判が噴出。野党は格好の攻撃材料と追及を強めている。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス