芸能・文化

大阪で田辺聖子さん追悼企画 書店や図書館

 大阪市内の書店に並べられた田辺聖子さんの文庫本(右)=11日午後

 91歳で亡くなった作家の田辺聖子さんの出身地である大阪市内の書店や図書館は11日、田辺さんの企画コーナーを設けて故人を悼んだ。

 MARUZEN&ジュンク堂書店梅田店は、「追悼 田辺聖子さん」と書いた紙を本棚に張り、「ジョゼと虎と魚たち」や「孤独な夜のココア」などの文庫本を並べた。訃報が伝わった10日から、田辺さんの著書への問い合わせが増えているという

 市立中央図書館でも、10日から追悼コーナーを設置。約200冊の著書を、プロフィルや受賞作を記したパネルを添えて紹介している。司書の咲尾佳秀さんは「初期の作品を含めて、なるべく多く紹介した」としている。


(共同通信)