政治

皇位継承議論は秋以降に 菅氏、代替わり儀式優先の意向

 菅義偉官房長官は11日の記者会見で、天皇陛下の代替わり儀式の準備を優先し、安定的な皇位継承策を巡る議論は一連の儀式を終える今年秋以降に進める考えを改めて示した。「まずは式典がつつがなく行われるよう全力を尽くす。その上で、退位特例法に関する国会の付帯決議に基づいて対応したい」と述べた。

 立憲民主党が女性天皇や父方に天皇がいない女系天皇を容認する論点整理を発表したことには「政府の立場でコメントは控える」として、直接論評しなかった。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス