社会

都、急発進防止装置に9割補助 高齢者事故の緊急対策

 高齢ドライバーによる交通事故が相次いでいるのを受け、東京都は緊急対策として、ブレーキとアクセルを踏み間違えた際の急発進防止装置を取り付ける費用の9割程度を補助する方針を決めた。小池百合子知事が11日の都議会本会議で明らかにした。

 都によると、制度開始から1年間、高齢者が装置を取り付ける際の費用を補助する。装置は後付けのものが複数メーカーから販売されており、自己負担は数千円程度になる見込みという。開始時期や対象年齢は今後決める。

 小池氏は「痛ましい事故から都民を守るため、さまざまな対策を迅速に講じていく必要がある」と述べた。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス