社会

最澄1200年委員会設立、大津 日本の文化、海外に発信

 日本の文化や価値観を後世や海外に伝えようと「伝教大師最澄1200年魅力交流委員会」が設立され、大津市の比叡山延暦寺で11日、記者会見があった。

 延暦寺が各界の著名人に呼び掛け、設立された。委員長には、鳥井信吾サントリーホールディングス副会長が就任した。

 日本文化や寺社などの文化財、歴史への理解を深めるのが狙い。大学生が中心となった「大学コラボプロジェクト」を立ち上げ、日本文化の魅力発信を模索。2022年3月ごろまでをめどに、さまざまな取り組みを実施する予定。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス