社会

パンプス強制反対訴え国会で集会 6割超が見聞き、と調査報告

 職場でのパンプス強制をやめるよう求める集会であいさつする石川優実さん(右)=11日午後、国会

 職場でのパンプス強制をやめるよう求める「#KuToo」の活動で、署名を集めている女優らが11日、国会内で集会を開いた。職場や就職活動で着用を強いられたり、強要を見たりしたことがある人が6割超に上るとのアンケート結果を報告。長時間履くと足のけがにつながる恐れもあり、参加者からは企業側の意識改革が必要とする声が相次いだ。

 アンケートはニュースサイト「ビジネスインサイダージャパン」がインターネットで実施。今月6~11日で約200人から回答が寄せられた。

 パンプスやハイヒールを強制されたり、強制されるのを見たりしたことがあると答えた人は140人だった。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • ご案内