国際

中国が「長征」のキャンペーン 米中摩擦持久戦の覚悟示す?

 【北京共同】中国の習近平指導部が、共産党軍が国民党軍の攻撃から逃れ国内を大移動した「長征」(1934~36年)の精神を発揚するキャンペーンに乗り出した。10月の建国70周年を前にした愛国主義教育の一環だが、米中貿易摩擦に持久戦で臨む覚悟を示したとの見方も出ている。

 国営の中央テレビによると、同テレビのほか、党機関紙、人民日報や国営通信、新華社などの主要メディアは11日「記者が再び行く長征の道」と題した大規模な取材活動を始めた。1万2千キロ余りに及ぶ長征のルートをたどり「苦難に満ちた闘争の過程での感動的出来事」(同テレビ)を掘り起こし伝えるという。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス