経済

救急病院支援2千万円超す、大阪 クラウドファンド、7日で達成

 大阪府三島救命救急センターが実施したクラウドファンディングのサイト

 大阪府三島救命救急センター(高槻市)は11日、インターネットで運営資金を募るクラウドファンディングで、支援金額が目標の2千万円を超えたと明らかにした。存続が危ぶまれるとして異例の手法で資金調達を始めたところ、ネット上で反響を呼び、開始から7日目でのスピード達成となった。

 資金調達サイトの運営会社によると、支援者は関西を中心に全国に広がり、千人を超えた。過去に治療を受けた患者や家族も含まれるといい、「他病院で断られた私を受け入れ、命を救ってくれた」(大阪府の男性)、「医療に従事する方の陰の努力に感謝」(栃木県の女性)などの応援メッセージも寄せられた。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス