社会

降ひょうでサクランボ被害、山形 ハウスなど6億円超

 山形県は11日、5日に県内陸部で強風が発生したりひょうが降ったりした影響で、出荷を目前にしたサクランボなどの果実や、ハウスのビニールが破れるなど計約6億4千万円の被害があったと発表した。10日午前9時のまとめで、今後被害が増える可能性がある。

 県によると、東根市など8市町の農地約290ヘクタールで、露地栽培されたサクランボや西洋ナシなどに被害が確認された。

 県内のひょうによる被害としては、過去10年で2番目の規模になる見込みという。


(共同通信)