経済

暫定CEOに元リコー社長 リクシルが意向表明

 三浦善司氏

 経営の混乱が続くLIXIL(リクシル)グループは11日、25日開催予定の定時株主総会などを経て、元リコー社長の三浦善司氏を暫定的な最高経営責任者(CEO)とする意向を表明した。三浦氏はリクシル側が総会で選任を求める社外取締役候補の1人。

 総会に向けては、リクシルでトップ復帰を目指す前社長兼CEOの瀬戸欣哉取締役らによる株主提案もあり、対立が激化している。会社側の社外取締役候補者はこれまで、全社一丸となれる経営者の確保には時間がかかるとして、選任された際には暫定CEOを置く考えを示していた。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス