経済

年金不安、正面から議論を 日商会頭、報告書は批判

 日本商工会議所の三村明夫会頭は12日、老後に必要な蓄えを示した金融庁審議会の報告書の内容を批判する一方、公的年金の持続性は「(国民にとって)将来への大きな不安となっており、政府全体でどのような解決があるのかに真正面から取り組むべきだ」と、幅広い議論を促した。定例記者会見で述べた。

 報告書に対しては「適切でない動機で、適切でない表現がされたのは残念だ」と語り、資産運用を促す材料として年金受給水準の低下を持ち出した点に疑問を呈した。麻生太郎金融担当相が報告書の受け取りを拒んだ対応にも「どうするかは大臣が考えるべきことだ」と述べるにとどめた。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス