スポーツ

吉田輝星投手、デビュー戦で白星 広島相手に5回4安打1失点

 広島戦でプロ初先発初勝利を挙げ、ウイニングボールを手にポーズをとる日本ハム・吉田輝=札幌ドーム

 プロ野球日本ハムのドラフト1位新人、吉田輝星投手(18)が12日、デビュー戦を白星で飾った。札幌市の札幌ドームで行われた交流戦の広島2回戦に先発し、プロ初登板で5回を4安打、4三振を奪って1点に抑える力投。2―1の勝利後のインタビューでは「率直にうれしい。応援の声がたくさん聞こえてきて、力になった」と感謝し、ファンから大歓声を浴びた。

 高校出新人の初登板勝利は2015年10月の安楽智大投手(楽天)以来。一回に満塁のピンチを切り抜け、二回に1点を失ったがリードを守った。

 吉田輝は昨夏の全国高校野球選手権大会で秋田・金足農のエースとして、準優勝に貢献した。


(共同通信)