経済

全銀協会長、経営環境「厳しい」 米中摩擦が逆風

 記者会見する全国銀行協会の高島誠会長=13日午後、東京都千代田区

 全国銀行協会(全銀協)の高島誠会長(三井住友銀行頭取)は13日、東京都内で記者会見し、銀行界を取り巻く経営環境が「2019年度も引き続き厳しい」との認識を示した。米中貿易摩擦や日銀の超低金利政策などが逆風になるという。

 内閣府が10日発表した19年1~3月期の実質国内総生産(GDP)改定値は、年率換算で前期比2・2%増となったが、高島氏は「景気実感よりもやや強めに出ている」と指摘。19年3月期決算で地方銀行の減益が目立ったことなどを踏まえ、「経費の削減などに引き続き注力するのが大事だ」と強調した。


(共同通信)