国際

安保理「イラン非難」結束できず タンカー攻撃、非公開で議論

 【ニューヨーク共同】国連安全保障理事会は13日午後(日本時間14日午前)、米国の要請に基づき、イラン沖のタンカー攻撃について非公開で議論した。イランを非難する米国の主張では結束できず、安保理としての声明は出せなかった。

 会合終了後、今月の議長国クウェートのオタイビ国連大使は「全メンバー国が事件を非難した」と述べたが、イランの関与には言及しなかった。イランのハビブ国連次席大使は米側の主張を否定した。

 声明は全会一致で出す必要があり、常任理事国のロシアや中国がイラン擁護に回った可能性がある。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス