経済

麻生氏、年金受給記憶ない 「秘書に任せている」

 衆院財務金融委員会で答弁する麻生財務相=14日午後

 麻生太郎金融担当相は14日の衆院財務金融委員会で、自身が年金を受給しているかどうかについて「秘書に任せている。任すと言った以外、正確な記憶がない」と述べた。立憲民主党の大串博志議員の質問に対する答弁。

 麻生氏は、質問が通告にはなかったと弁解。その上で「年金がいくら入ってくるか心配したことがあるか、自分の生活として心配したことがあるかというとございません」とも話した。

 大串氏は「さすがに通告しなくても即座に答えると思って聞いた。自分の年金がいくらになるのかみんな考えている」と追及した。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス