社会

ウィーン少年合唱団を鑑賞 両陛下、「歌声の響」も

 ウィーン少年合唱団の公演を鑑賞される天皇、皇后両陛下=14日午後、東京都新宿区(代表撮影)

 天皇、皇后両陛下は14日午後、東京都新宿区の東京オペラシティコンサートホールを訪れ、ウィーン少年合唱団の公演を鑑賞された。公演で上皇さまが作った琉歌(沖縄の歌)に、上皇后美智子さまが曲をつけた「歌声の響」も披露され、両陛下は少年たちの美しい歌声に耳を傾けた。

 会場入りした両陛下は、観客から拍手で迎えられた。公演は約2時間。両陛下はオペラグラスで舞台上を見たり、曲に合わせて手拍子をしたりした。アンコールでは、美智子さまが作詞した「ねむの木の子守歌」も歌われた。

 両陛下はこれまでも、ウィーン少年合唱団の公演に足を運んでいる。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス