社会

人工豪雨で車の運転、実験を公開 ブレーキ利かず、前見えず

 人工的に再現した1時間に300ミリの豪雨で、見通しが悪い中を走行する乗用車=14日午後、茨城県つくば市の防災科学技術研究所

 台風や大雨の時季を前に防災科学技術研究所(茨城県)は14日、人工的に再現した豪雨の中での自動車運転実験を報道陣に公開した。スタッフが時速約30キロでアスファルトの道路を走ると、フロントガラスを伝う滝のような雨水で前が見えず、ブレーキも利きにくくなり危険性を印象付けた。

 実験を担当した防災科研の酒井直樹主任研究員は「水浸しになった道路での運転は、路面の状態を目視で確認できないため危ない」と、注意を呼び掛けた。

 この日は、2014年8月に広島市で土砂災害が起きた際の豪雨に匹敵する毎時180ミリの雨などを再現した。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス