社会

小田川の決壊堤防復旧完了、岡山 真備町地区、本格的な出水期前に

 復旧工事が完了した岡山県倉敷市真備町地区の小田川の堤防(国土交通省中国地方整備局提供)

 国土交通省中国地方整備局は14日、西日本豪雨で決壊した岡山県倉敷市真備町地区の小田川の堤防2カ所について、復旧工事が完了したと発表した。本格的な出水期の到来前に一区切りを迎え、担当者は「被災前と比べ、決壊部分は同等以上の機能を確保できた。引き続き、拡幅などで地区の安全を高めていきたい」と説明している。

 決壊したのは、高梁川合流点から上流に3・4キロと6・4キロ地点の左岸。コンクリートブロックや盛り土での原形復旧に加え、決壊範囲の50~100メートル区間で堤防を約20メートル拡幅する改良工事を実施した。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス