社会

北陸新幹線の大阪延伸着工求める 官民協議会を設立、初会合

 北陸新幹線を巡る官民合同協議会の会合後に開かれた決起大会=14日午後、大阪市

 大阪府や大阪市、在阪経済団体などは14日、北陸新幹線の大阪延伸事業の速やかな着工を求めて官民合同の協議会を設立し、市内で初会合を開いた。国への要望活動や府内外への情報発信を強化し、全線開業の早期実現を目指す。

 協議会の代表に就いた吉村洋文府知事は会合後、記者団に「整備にかかる財源の確保が重要だ。オール大阪で国に働きかけていく」と述べた。

 北陸新幹線は現在、東京―金沢で運行しており、最終的には新大阪まで延伸する計画。金沢―敦賀(福井県)は2023年春に開業する予定だ。敦賀―新大阪は大まかなルートは決まっているが、着工時期のめどは立っていない。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス