スポーツ

高橋大輔、国際大会出場へ意欲 「行けるところまで」

 報道陣の取材に応じるフィギュアスケート男子の高橋大輔=15日、岡山県倉敷市

 フィギュアスケート男子の高橋大輔(関大KFSC)は15日、岡山県内で開かれた「岡山県スケート連盟創立50周年の集い」に出席し「(国際大会に)チャンスがあるなら出たい。行けるところまで挑戦したい」と意欲を語った。

 33歳の高橋は、昨年12月の全日本選手権で2位に。日本スケート連盟から世界選手権の代表入りの打診を受けたが、辞退した。「世界に目を向けてスタートしていなかった。世界の可能性があると思ってスタートしている」と心境の変化を口にした。

 高橋には岡山県連盟から栄誉賞が贈られた。「岡山に還元できるよう、いろいろな事を経験、勉強しながら過ごしたい」と話した。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス