スポーツ

卓球、平野が日本勢唯一の単4強 ワールドツアー、荻村杯第2日

 女子シングルスで準決勝進出を決め、喜ぶ平野美宇=北海きたえーる

 卓球のワールドツアー、荻村杯ジャパン・オープン第2日は15日、札幌市の北海きたえーるで行われ、女子シングルス準々決勝で平野美宇が佐藤瞳を4―0で下し、今大会の日本勢でただ1人、シングルスの4強入りを決めた。最終日の16日は、準決勝でことしの世界選手権個人戦優勝の劉詩ブン(中国)と対戦する。

 混合ダブルスの張本智和、早田ひな組は準優勝。準決勝で樊振東、丁寧組(中国)に3―1で勝ったが、決勝は許キン、朱雨玲組(中国)に0―3で敗れた。

 女子ダブルスの木原美悠、長崎美柚組は、準決勝で世界選手権個人戦優勝の孫穎莎、王曼イク組(中国)に2―3で競り負けた。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス