国際

ニュージーランド沖でM7・2 津波の恐れなし

 【シドニー共同】米地質調査所(USGS)によると、ニュージーランド沖で16日午前10時55分(日本時間同7時55分)ごろ、マグニチュード(M)7・2の地震があった。米ハワイの太平洋津波警報センターは、米領サモアやクック諸島、フィジーなどで30センチ未満の津波の可能性があると一時発表したが、その後、恐れはなくなったとした。

 震源はニュージーランド北島・ングングルの北東約872キロ。震源の深さは約34キロ。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス