政治

社民の又市氏、参院選不出馬へ 党首は来年まで続投

 社民党の又市征治党首

 社民党の又市征治党首(74)が、自身が改選を迎える今夏の参院選に出馬しない意向を固めた。参院選後も党首職は来年2月の任期まで続投する方針だ。18日にも記者会見を開き表明する。複数の関係者が16日、明らかにした。

 又市氏は2月、参院選比例代表から出馬しないと明言しており、選挙区からの出馬を検討していた。ただ4月末に肺がんが判明。手術は成功し5月下旬に退院したが、療養中に、党の参院選選挙区候補者もほぼ固まり、体調面を考慮し不出馬の判断をしたとみられる。

 衆院選の時期次第では、衆院選候補者として立候補する可能性も残されているという。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス