スポーツ

ラグビーW杯、チケット図柄発表 選手を武者絵で表現

 発表されたラグビーW杯日本大会のチケットデザイン。ジャージーを着た選手の姿が日本の伝統的な武者絵で描かれている=17日午後、東京都内

 9月に開幕するラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会のチケットデザイン発表会が17日、東京都内で開かれ、ジャージーを着た選手の姿を日本の伝統的な武者絵で描いたデザインが発表された。大会カラーの青、赤、紫をベースにした3種類が用意される。

 アジアで初めて日本で開催されることを記念し、コンセプトは「伝統と革新」。大会組織委員会によると、デザインは9案の中から選ばれた。武者絵の背景は金びょうぶを想起させる金色で、印字面は和紙をモチーフにした柄、セキュリティーのために優勝杯「ウェブ・エリス・カップ」のホログラムも施された。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス