経済

東京円、108円台後半

 週明け17日の東京外国為替市場の円相場は、1ドル=108円台後半で取引された。

 午後5時現在は前週末比36銭円安ドル高の1ドル=108円56~57銭。ユーロは36銭円高ユーロ安の1ユーロ=121円73~77銭。

 米国の小売りに関する統計が個人消費の堅調さを示したことや、国内の輸入企業の円売りドル買いにより、円安ドル高が進んだ。ただ18、19日に開かれる米連邦準備制度理事会(FRB)の連邦公開市場委員会(FOMC)を控え、午後は小幅な動きとなった。

 市場では「米国の重要なイベントを前に様子見ムードが広がった」(外為ブローカー)との声が聞かれた。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス