芸能・文化

「千と千尋」中国全土で初上映へ 上海で試写、背景に日中関係改善

 【上海共同】中国で宮崎駿監督のアニメ映画「千と千尋の神隠し」が21日から正式上映されるのを前に、上海市で17日、スタジオジブリの星野康二会長らが出席して試写会イベントが行われた。映画は中国全土の約9千カ所の映画館で上映される。

 宮崎アニメとしては「となりのトトロ」が昨年12月、初めて中国で公開された。立て続けに許可が下りた背景には、日中関係の改善もありそうだ。

 宮崎アニメは中国でも広く知れ渡っており、ファンは海賊版のDVDやインターネット上の違法動画を通じて視聴してきた。スタジオジブリ側には正式公開で、違法動画や偽物グッズ販売を食い止めたい狙いもある。


(共同通信)