社会

交通安全確保へ「キッズゾーン」 政府緊急対策、急加速抑制装置も

 首相官邸で開かれた交通安全対策に関する関係閣僚会議=18日午前

 政府は18日、交通安全対策に関する関係閣僚会議を首相官邸で開き、保育施設周辺への「キッズゾーン」新設、高齢者による事故対策として、アクセルとブレーキの踏み間違えを防ぐため、急加速を抑制する装置の性能認定制度を導入する検討を急ぐことなどを盛り込んだ緊急対策を決めた。

 安倍晋三首相は会議で「子どもが集団で移動する経路の安全確保は一刻の猶予も許されない。時代のニーズに応え、政府一丸となって迅速に取り組んでほしい」と指示した。参院選を控えて交通の安全確保を重視する姿勢を示した形だが、対策は既存事業の拡大や民間技術の活用推進が中心で、さらに検討が必要になりそうだ。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス