経済

ソフトバンクG4千億円申告漏れ 国税指摘、異例の高額

 ソフトバンクグループ(東京都港区)が東京国税局の税務調査を受け、2018年3月期に約4千億円の申告漏れを指摘されていたことが19日、同社や関係者への取材で分かった。数千億円規模の申告漏れが発覚するのは極めて異例だ。

 同社や関係者によると、16年に3兆3千億円で買収した英アーム・ホールディングスの株を傘下のファンド「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」に出資する形で移した際、株式の価値を再評価し、取得額と時価評価額の差として多額の損失を計上した。

 18年3月期のソフトバンクグループ単体の税務申告は修正後も赤字で、過少申告加算税などの追徴は発生しないという。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス