経済

物価上昇、失速すれば追加緩和 日銀総裁、海外経済に悪化リスク

 記者会見で質問者を指名する日銀の黒田総裁=20日午後、日銀本店

 日銀の黒田東彦総裁は20日、金融政策決定会合後に記者会見し「物価上昇の勢いが失われれば、ちゅうちょなく追加金融緩和を検討する」と述べた。米国と中国の貿易摩擦の長期化を念頭に「保護主義を懸念している」と表明した。「海外経済が悪化するリスクは高まっている」と話し、国内景気に悪影響が及ぶことに警戒感を示した。

 市場では日銀が打てる追加緩和策は乏しいとの見方がある。黒田氏は、民間銀行からお金を預かるときに手数料を取るマイナス金利の幅の拡大や、資産買い入れの増額などを例示し「これらを組み合わせた対応を含めて適切な方法を検討する」とし、手詰まりではないと強調した。


(共同通信)