経済

円高受け政府・日銀が会合 神経質な動き、適切に行動

 記者団の取材に応じる財務省の浅川雅嗣財務官=21日午後、財務省

 財務省と金融庁、日銀は21日、足元の市場動向に関する情報交換会合を開いた。終了後に記者団の取材に応じた財務省の浅川雅嗣財務官は、円高ドル安の要因として米中貿易摩擦や米国の利下げ観測、中東情勢を挙げ「為替市場で神経質な動きがみられた」と指摘。必要があれば、為替介入に関する主要国間の合意に従い「適切に行動する」と市場をけん制した。

 会合には浅川氏のほか、金融庁の遠藤俊英長官、日銀の前田栄治理事らが出席した。浅川氏は「利下げは決まったわけではなく、次の連邦公開市場委員会(FOMC)までにさまざまなデータが出てくる」と指摘。今後の動向を注視していく考えを示した。


(共同通信)