社会

地震発生後初の週末、観光客も 被害の山形、新潟

 地震発生後初めての週末を迎えた道の駅「あつみ」=22日午後、山形県鶴岡市

 最大震度6強を観測した新潟・山形両県の観光地は22日、地震発生後初めての週末を迎えた。観光客でにぎわうスポットがある一方で、今もキャンセルが続く宿泊施設も。夏の観光シーズン本番を前に、地元観光協会は「旅館も例年通り営業している。大きな被害はないのでぜひ来てほしい」とアピールしている。

 山形県鶴岡市にある道の駅「あつみ」。県内外から大勢の観光客らが詰め掛け、買い物を楽しんでいた。福井県から訪れた会社員河上芳夫さん(57)と弥佐英さん(51)夫婦は「大変なときに不謹慎とも考えたが来た。加茂水族館が楽しみ」と話した。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス