社会

歴史的な建物守り生かす会を設立 文化財所有者が全国組織

 愛知県半田市で開かれた、全国組織「国登録有形文化財全国所有者の会」の設立総会=22日午後

 群馬や京都など9都府県にある国の有形文化財に登録された建造物の所有者の会が22日、愛知県半田市で総会を開き、全国組織「国登録有形文化財全国所有者の会」(全国登文会)を設立した。各地の所有者と連携し、国内の歴史的な建物を守り生かす活動の拡大を目指す。

 全国登文会などによると、6月1日現在、建造物の登録有形文化財は住宅など約1万2千件。建造物の住人ら所有者が自主的に保全しているが、個人だけでは活動が制限されやすいという。

 今後、地元に組織がない所有者に加入を呼び掛け、建造物の調査や保全、活用について情報交換を実施。国内外での講演会なども行う。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス