社会

沖縄、23日に「慰霊の日」 平和祈念公園で追悼の前夜祭

 「慰霊の日」を前に、多くの人たちが沖縄県糸満市の平和祈念公園を訪れ、「平和の礎」に名前が刻まれた沖縄戦犠牲者を悼んでいた=22日午後

 沖縄県は23日、太平洋戦争末期の沖縄戦で組織的な戦いが終わったとされる「慰霊の日」を迎える。74年前に最後の激戦地となった糸満市摩文仁の平和祈念公園では22日、戦没者追悼式の前夜祭が開かれた。地上戦で犠牲となった20万人以上に遺族らが鎮魂の祈りをささげ、不戦を誓った。

 国籍や軍民を問わず戦没者の氏名を刻む石碑「平和の礎」には今年42人が追加刻銘され、計24万1566人となった。

 23日の「沖縄全戦没者追悼式」は同公園で午前11時50分から開かれ、安倍晋三首相や玉城デニー知事らが出席する。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス